メコゾーム 口コミ2

メコゾーム 口コミ

 

メコゾームを試してみたのはシミが気になり始めたからです。

 

 

どうにかして両頬に目立ってきたシミを消し去りたいと思いながらいろいろと美白化粧水などを試していました。

 

 

しかし、化粧水でどうにかなるレベルではなかったようで、長く使い続けてもシミの濃さに変化はなく、どちらかというとより気になって行くような状態でした。

 

 

紫外線対策に気をつけ始めたのは30歳を過ぎてからだったので、それまで怠けて貯め込んできたシミ予備軍が顔を出してきたのでしょう。

 

 

加齢による変化はある程度は仕方ありませんが、シミやくすみは本当に老け顔を作り上げてしまいます。

 

 

肌を見れば年齢が分かると言いますが、私の場合はプラス5歳は老けて見えたと思います。

 

 

その時、メコゾームを友人から紹介されました。

 

 

ピンポイントでシミ取りクリームをシミの上に塗ると徐々に赤くなり、その部分の皮がむけて古い皮膚がはがれおちると言うのです。

 

 

友人もシミで悩んでいたそうですが、そういえば彼女はとても肌がきれいになったと、思っていました。

 

 

はがれおちたら、新しい皮膚が再生されますが、それを繰り返すうちにシミが薄くなると聞いて、半信半疑でしたが藁にもすがる思いで始めました。

 

 

使い始めてすぐには変化は訪れませんでしたが、毎日夜にクリームを塗り続けました。

 

 

そのうちに本当にクリームを塗っていたシミの部分の皮膚が赤くなってきました。

 

 

赤くなったらクリームはしばらくお休みです。

 

 

お休みしていたらシミの部分の皮膚が乾いて日焼けの跡のように剥けかけてきました。

 

 

剥けかけたと思ったら翌日にはぽろっとはがれおちたのにはびっくりしました。

 

 

茶色く乾いたシミの部分の皮膚がぽろっと取れた時はシミがはがれおちたようで本当にうれしかったです。

 

 

その後も赤くなってははがれおち、を繰り返すうちに、どこにクリームを塗っていたかよく見ないと分からないレベルまでシミは薄くなりました。

 

 

今までは探さなくてもパッと分かっていたシミが探すレベルになるなんて夢のようでした。

 

 

お化粧をする時はコンシーラーが手放せなかったのですが、改まった場でもない限りコンシーラーを日常で使う事はなくなりました。

 

 

白斑が怖かったので医薬品のような強い成分は使う気になれずにいたのですが、メコゾームに出会えたことで副作用を心配しながらシミ対策をする必要もありませんでした。

 

 

今は、メコゾームのしわ取り美容液にも挑戦しています。

 

 

これからも困った時はメコゾームに頼ろうと思います。

 

>>メコゾーム公式オンラインショップはこちら<<