メコゾーム 評判2

メコゾーム 評判

 

私は化粧品を購入する時は必ず口コミを参考にします。

 

 

大手口コミサイトでメコゾームのブライトニングフォーミュラは、シミ対策の化粧品として高い評価を得ていました。

 

 

私は頬の辺りに肝斑のような小さなシミがあったので、効果を確かめることにしました。

 

 

肝斑がどうかを判断するためには皮膚科に行かなければなりません。

 

 

しかし近所に皮膚科は1件しかなく、診察や薬が処方されるまでの待ち時間が非常に長いのでシミの悩みで行きたいとは思いませんでした。

 

 

シミは年齢を重ねれば誰でもできるもので病気ではないと考えているためです。

 

 

しかし毎日のスキンケアで簡単に解決できるならば、その商品を優先的に使いたいと思い購入しました。

 

 

メコゾームは肌のターンオーバーを促進してシミの排出するタイプで、同じ作用をする化粧品はいくらでもあります。

 

 

最初は半信半疑でしたが、使い方を守りながら1ヶ月続けたところ、目に見える変化が訪れました。

 

 

使い方は化粧水や乳液など通常のスキンケアの後にメコゾームを塗るだけです。

 

 

専用のシートがあり、それをかぶせることで成分が浸透している安心感があります。

 

 

2日〜3日塗って、2日〜3日は塗らないというサイクルを繰り返します。

 

 

3回ほどこのサイクルを実践すると、シミがあった部分が真っ赤になりました。

 

 

赤みだけでなくヒリヒリと軽い痛みがあり、アレルギー症状と似ていました。

 

 

私はアレルギーを持っている自覚はありませんでしたが、アレルギー反応はある日突然やってくると知っていたので本当に焦りました。

 

 

とりあえずインターネットで対処法を調べようと検索しました。

 

 

そこで分かったことは赤みやヒリヒリは好転反応だったということです。

 

 

説明書を改めて読んでみると、確かに最初は赤くなって少しずつ薄くなることでシミが剥がれると図で解説していました。

 

 

最初に呼んだ時はややこしい図だと面倒がってきちんと読んでいませんでした。

 

 

メコゾームに含まれる海洋複合酵素がシミを浮かせている証拠だったらしく、次第に赤みやヒリヒリは無くなりました。

 

 

シミがあった部分は乾燥し、洗顔や日常生活の摩擦で落ちていました。

 

 

かさぶたが自然と剥がれるのと同じで痛みなどは全くありませんでした。

 

 

結局私のシミが肝斑だったのかは分かりませんが、メコゾームを塗っていると新しいシミができないのでリピートしています。

 

 

シミが無くなってしまえば専用シートは不要なので、最初の時よりは出費が少ないです。

 

>>メコゾーム公式オンラインショップはこちら<<